スポンサード リンク



栄養士の上級資格にあたる

管理栄養士,資格取得,通信講座,国家試験

管理栄養士とは栄養士の上級資格ともいえるものです。

 

食育の重要性、あるいは食の安全性への関心の高まりもあり、栄養士の資格に対する注目が高まっている状況ですが、そのなかで管理栄養士の知名度も増しています。

 

管理栄養士とは、さまざまな栄養指導を行うことができる資格のことです。病院や福祉施設、あるいは学校などで栄養に関するアドバイス・助言を行うことができます。

 

病気で療養生活を送っている患者に対して健康になるために相応しい食生活をアドバイスする役割や、
子供の成長に相応しい食生活、あるいは肥満の予防・改善のための食生活の指導なども行います。

 

高齢者に対する食事指導など介護業界においての需要も高まっています。

キャリアアップでメリットも大きい

もうひとつ、管理栄養士の重要な仕事に栄養士の指導もあります。
栄養士の上位資格ということもあり、専門の栄養士に対する指導も重要な役割となっているのです。

 

病院や福祉施設など複数の栄養士が勤務する職場では、栄養士一人一人の資質の向上も求められます。管理栄養士はその指導に当たるとともに、職場の栄養士の質全体に対する責任を負うことになるのです。最近では栄養士から管理栄養士へとキャリアアップを目指す人も増えています。

 

管理栄養士になるためには改めて国家資格を受けて合格する必要がありますが、それによって就職先の選択肢が広がったり、収入が増えるなどのメリットを得ることができます。

 

管理栄養士になって、はじめて栄養士としての知識・スキルを十分に活かせるようになるとも言われています。今後注目度・重要性ともさらに高まっていくことになるでしょう。

 

スポンサードリンク

管理栄養士とは?関連エントリー

管理栄養士の仕事内容
管理栄養士の仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。給食の献立作成や病院での高齢者への栄養指導など、その役割は高く評価されています。
管理栄養士になるには
管理栄養士になるには、まず栄養士の免許を取得しなければなりません。厚生労働大臣が指定した養成施設を卒業して、実務経験を積みましょう。
管理栄養士になることのメリット
管理栄養士は、栄養士よりも重要な仕事を任されることになり、活躍する場も増えてきます。昇給・昇進も期待できるのがメリットです。
管理栄養士の給料・年収は?
管理栄養士の給料や年収はどの程度なのでしょうか?勤務形態によって実にさまざまですが、なかには年収800万円を超えるケースもあるようです。
管理栄養士の活躍の場とニーズの状況
高齢化社会の進行に伴い、とくに介護・福祉の分野で管理栄養士の需要が高まっています。病院などの第一線で働くには、欠かせない資格となるでしょう。
管理栄養士の歴史を知ろう
栄養士という資格が誕生した経緯を知ることで、その重要性を再確認することができます。さまざまな歴史を重ねて、現在があるのです。