スポンサード リンク



学校給食の献立作成

管理栄養士,資格取得,仕事内容,栄養指導

栄養士からさらに国家試験を合格することで取得することができる管理栄養士。栄養士の上級資格として注目を集めています。

 

では、管理栄養士にはどのような仕事内容があるのでしょうか。

 

「管理」という言葉が付け加えられているように、管理栄養士は食品の品質・安全性に対して責任を負う立場にあります。

 

ですから仕事内容もこの点に関わるものが多くなってきます。

 

もっともよく知られた仕事内容は学校給食の献立の作成でしょう。

 

成長期にある子供に食べさせる給食は安全性はもちろんのこと、心身の成長によい影響をもたらす食材・献立が求められます。

 

また、子供の味覚に合う献立であることも必須条件。単に栄養面に関する知識だけでなく、幅広い資質が求められる仕事です。

食品関連の企業でのアドバイス・指導

また、食品メーカーをはじめとする食品関連の企業での仕事もあります。

 

食品メーカーでは新製品開発の際のアドバイスや指導、安全面の確認などが重要な仕事になるでしょうし、調理器具メーカーや食品生産者でもその知識・スキルが求められています。

 

さらに外食産業やスーパーなど、食品販売を行っている業界での指導・アドバイスも管理栄養士の仕事です。

 

最近では介護・福祉業界での仕事も増えてきました。要介護者が健康的な食生活を送るための献立の作成や指導などが重要な役割として注目を集めるようになっているのです。

 

このように、管理栄養士の仕事内容はじつに幅広い分野に及んでいます。これらを見ただけでもいかに重要な役割を担っているのかがわかります。

 

スポンサードリンク

管理栄養士の仕事内容関連エントリー

管理栄養士とは?
管理栄養士とはどのような職業なのでしょうか?栄養士の上級資格であり、栄養士の指導、病院での食のアドバイス、高齢者に対する食事指導などができます。
管理栄養士になるには
管理栄養士になるには、まず栄養士の免許を取得しなければなりません。厚生労働大臣が指定した養成施設を卒業して、実務経験を積みましょう。
管理栄養士になることのメリット
管理栄養士は、栄養士よりも重要な仕事を任されることになり、活躍する場も増えてきます。昇給・昇進も期待できるのがメリットです。
管理栄養士の給料・年収は?
管理栄養士の給料や年収はどの程度なのでしょうか?勤務形態によって実にさまざまですが、なかには年収800万円を超えるケースもあるようです。
管理栄養士の活躍の場とニーズの状況
高齢化社会の進行に伴い、とくに介護・福祉の分野で管理栄養士の需要が高まっています。病院などの第一線で働くには、欠かせない資格となるでしょう。
管理栄養士の歴史を知ろう
栄養士という資格が誕生した経緯を知ることで、その重要性を再確認することができます。さまざまな歴史を重ねて、現在があるのです。