スポンサード リンク



(管理)栄養士養成施設に入る

管理栄養士は栄養士の上級資格、つまり栄養士であることが資格を取得するための前提条件となります。
では具体的に管理栄養士になるためにはどのような進路が必要になるのでしょうか。

 

まず栄養士になること。これには栄養士になるための養成施設と管理栄養士になるための養成施設の2種類があります。

 

前者の修業期間は2〜4年なのに対し、後者は4年となっています。

 

栄養士を目指す段階から将来的に管理栄養士の資格の取得も考えている場合には、後者を選ぶ方が近道となります。

養成施設を卒業した後の進路

栄養士を取得したあとの進路はどの養成施設を修了したかによって異なってきます。

 

栄養士養成施設の場合、修業年数と実務経験を合わせて5年以上の期間が必要となります。
例えば、2年間の養成施設を修了して栄養士になった場合は、3年以上の実務経験を積む必要があるのです。

 

一方、管理栄養士の養成施設を終了した場合には実務経験の必要はありません。卒業と同時に栄養士の資格と管理栄養士国家試験の受験資格が与えられます。

 

これらの条件をクリアした上で管理栄養士の国家試験を受験し、合格を目指すことになります。

 

管理栄養士になるためには国家試験を受ける必要があることは広く知られていますが、このようにまず国家試験を受けるために設けられたハードルをクリアすることが求められるのです。

 

栄養士なら誰にでもすぐに受験することができるわけではないだけに、今回取り上げた進路は栄養士を目指す段階から把握しておくようにしたいところです。

 

管理栄養士の資格は今後さらに注目度とニーズが高まっていくことが確実ですから、栄養士を目指す人すべてにとって必須の基礎知識となるでしょう。

 

スポンサードリンク

管理栄養士になるには関連エントリー

管理栄養士とは?
管理栄養士とはどのような職業なのでしょうか?栄養士の上級資格であり、栄養士の指導、病院での食のアドバイス、高齢者に対する食事指導などができます。
管理栄養士の仕事内容
管理栄養士の仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。給食の献立作成や病院での高齢者への栄養指導など、その役割は高く評価されています。
管理栄養士になることのメリット
管理栄養士は、栄養士よりも重要な仕事を任されることになり、活躍する場も増えてきます。昇給・昇進も期待できるのがメリットです。
管理栄養士の給料・年収は?
管理栄養士の給料や年収はどの程度なのでしょうか?勤務形態によって実にさまざまですが、なかには年収800万円を超えるケースもあるようです。
管理栄養士の活躍の場とニーズの状況
高齢化社会の進行に伴い、とくに介護・福祉の分野で管理栄養士の需要が高まっています。病院などの第一線で働くには、欠かせない資格となるでしょう。
管理栄養士の歴史を知ろう
栄養士という資格が誕生した経緯を知ることで、その重要性を再確認することができます。さまざまな歴史を重ねて、現在があるのです。