スポンサード リンク



幅広い分野で活躍できる!

管理栄養士,資格取得,メリット,国家試験

栄養士の上級資格として近年注目を集めている管理栄養士。

 

栄養士になったうえでさらに資格試験を受験し、合格する必要があるわけですが、それによってどのようなメリットが得られるのでしょうか。

 

わざわざ試験を受けてまで取得する意味がどれだけあるのでしょうか。

 

管理栄養士のメリットとしてはまず活躍の場が増える点が挙げられます。

 

栄養士の仕事といえば学校給食がまず連想されますが、管理栄養士になることでほかにも病院施設や介護・福祉施設、さらには食品メーカーや保健所など幅広い職場で働くことができるようになります。

 

また複数の仕事を掛け持ちする機会も増えてくるため、幅広い分野での活躍が可能になります。

 

逆に仕事を選べることでライフスタイルに合わせて働くこともできます。子育てや育児と両立したい場合でも無理なく仕事を選びやすくなるのです。

待遇も期待できる!

それから資格手当や昇給に役立つ点も大きなメリットとして挙げておく必要があるでしょう。

 

複数の栄養士が働く職場では責任者の地位につくことができますし、他の栄養士たちの指導や教育を行う役割も伴ってきます。その分責任が重くなるわけですが、重要な仕事を任せられる分、昇給・昇進も早くなります。

 

また、病院で栄養指導を行う場合には診療報酬が発生するため、この点からの収入も期待できるでしょう。

 

このように、管理栄養士にはさまざまなメリットがあります。栄養士として長く働きたいと思っている人にとっては将来的な取得が前提条件になるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

管理栄養士になることのメリット関連エントリー

管理栄養士とは?
管理栄養士とはどのような職業なのでしょうか?栄養士の上級資格であり、栄養士の指導、病院での食のアドバイス、高齢者に対する食事指導などができます。
管理栄養士の仕事内容
管理栄養士の仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。給食の献立作成や病院での高齢者への栄養指導など、その役割は高く評価されています。
管理栄養士になるには
管理栄養士になるには、まず栄養士の免許を取得しなければなりません。厚生労働大臣が指定した養成施設を卒業して、実務経験を積みましょう。
管理栄養士の給料・年収は?
管理栄養士の給料や年収はどの程度なのでしょうか?勤務形態によって実にさまざまですが、なかには年収800万円を超えるケースもあるようです。
管理栄養士の活躍の場とニーズの状況
高齢化社会の進行に伴い、とくに介護・福祉の分野で管理栄養士の需要が高まっています。病院などの第一線で働くには、欠かせない資格となるでしょう。
管理栄養士の歴史を知ろう
栄養士という資格が誕生した経緯を知ることで、その重要性を再確認することができます。さまざまな歴史を重ねて、現在があるのです。