スポンサード リンク



どんな人が仕事に向いてる?

管理栄養士,資格取得,通信講座,適正

栄養士の上級資格として注目を集めている管理栄養士。

 

栄養士のキャリアアップの手段としてはもちろん、わたしたち一般人の食生活を改善してくれる存在としても注目されるようになっています。

 

資格に対する関心が高まっているなか、管理栄養士を目指す人も増えているようですが、この資格はどのような人に適性があるのでしょうか。それはこの資格がどのような役割を担っているのかによって決まってきます。

 

管理栄養士においてもっとも重要な仕事となるのが栄養指導です。

 

学校給食や病院の食事などの献立作りが栄養士のおもな仕事として知られていますが、管理栄養士の場合はそこから一歩踏み込んで食生活に対する指導が行われます。

 

たとえばメタボリックシンドローム対策のための栄養指導、あるいは離乳食に関する指導、高齢者向けの食生活の指導など。これは個別指導の形で行われるほか、講座に講師として招かれる形で行われる場合もあります。

 

ですから、相手に納得してもらえるような説明・指導ができる能力が問われます。そのためには論理的な思考能力やコミュニケーション能力が必要となるでしょう。

 

人と接するのが好きな人、自分の能力に少しでも多くの人に役立てたいと思っている人など積極的な姿勢が管理栄養士には求められます。黙々と自分の仕事をこなすだけでは十分な役割を果たすことができないのです。

 

それから探究心。資格取得に求められる知識だけでなく、食文化や習慣、現代社会におけるニーズなど食に関する幅広い知識を求める姿勢も求められます。

 

管理栄養士は幅広い役割が期待されているため、それぞれによって適性も異なってきますが、今回取り上げた点はどの仕事にも共通する部分といってよいでしょう。

 

スポンサードリンク

向いている人関連エントリー

向いていない人
栄養士とは違って管理栄養士は、現場責任者の役割を求められるケースが多くなります。指導できる能力がない人には向いていない仕事です。
求められる能力とは
管理栄養士は、人との積極的な関わりが求められるようになります。そのためのコミュニケーション能力は必要不可欠です。他にも、パソコンスキル、食事に関わる資格も重要です。
志望動機を考えよう
就職活動には必須となる志望動機。栄養指導の仕事や食料品メーカーへの就職など、職場や業務内容に合わせて考えていきましょう。