スポンサード リンク



働きながら勉強する人に最適!

管理栄養士になるための方法は大きく分けて2つあります。ひとつは管理栄養士の養成施設を修了して試験に合格する方法。もうひとつは栄養士の養成施設を修了し、栄養の資格を取得した上で一定期間の実務経験を経て試験に合格する方法です。

 

後者の場合は基本的に独学で試験の合格を目指す必要があります。この場合、実務経験が求められるわけですから、働きながら勉強する環境も求められます。また、難易度の高い試験としても知られているため、完全な独学で合格を目指すのは困難とも言われています。

 

そのため、いかに効率よく勉強を進めていけるか、環境づくりが第一となってくるのです。その際に役立ってくれるのが通信講座です。

 

仕事とかけもちで試験勉強をする場合には限られた時間をいかに有効に活用するかがポイントとなります。通信講座は自分の都合に合わせて勉強を進めていけるため非常に便利です。

 

また、完全な独学とは異なり、合格のために必要な知識やポイントを集中的に学んでいけるカリキュラム・テキストが用意されているため効率のよい勉強も可能です。

 

そして、添削指導や質問などモチベーションを維持し、勉強を継続できるサポートシステムが用意されているのも通信講座の大きなメリットとなるでしょう。独学の最大の問題点、継続性の困難さを軽減することができるのです。

 

働きながら管理栄養士になるのは難しいといわれています。だからこそ、その人にとって最適な勉強環境を築く必要があるわけです。最適な通信講座選びはそんな環境作りにおける最大のポイントとなってくるでしょう。

 

>>ユーキャンの管理栄養士講座

通信講座なら仕事をしながら勉強できる!関連エントリー

管理栄養士養成施設に入る
管理栄養士養成施設は大学と専門学校のみで、すべて4年制になっています。学費、国家試験の合格率、就職率、校風など、いろいろ検討して選びましょう。
便利な通信講座を利用しよう
管理栄養士の通信講座(通信教育)も用意されています。専門の養成施設に通うことが出来ない人には、もっとも効果的な勉強方法です。講座の選択には注意しましょう。
ユーキャンの管理栄養士講座
通信講座の最大手ユーキャンでは、管理栄養士の合格指導講座が開かれています。添削指導や質問サービスなどが用意されていますので、続けられる環境が整っています。