スポンサード リンク



野菜ソムリエとは

日本野菜ソムリエ協会が主催しているフード関連の資格がベジタブルマイスターとフルーツマイスターです。この名称で知られていますが、2010年4月に「野菜ソムリエ」と正式名称を変更しています。

 

この資格は名称からも推測できるように、野菜・果物に関する専門知識を備えていることを証明するための資格です。現代人は野菜・果物が不足しているといわれており、一方では食の安全性への不安も指摘されています。

 

そんな状況下において野菜・果物に関する専門知識でより充実した食生活を提供する。野菜ソムリエにはそんな役割が期待されています。

 

この資格は難易度によって3種類に分けられています。初心者向けの「ジュニア野菜ソムリエ」から「野菜ソムリエ」、もっとも難易度の高い「シニア野菜ソムリエ」です。このうち「シニア野菜ソムリエ」はフード業界においてプロとして活躍することを目的にしています。

 

資格を取得するためには所定の講座を受講した上で試験に合格する必要があります。たとえば「シニア野菜ソムリエ」では1回2時間の講座を全18回受講した上で、1次試験・2次試験を合格する必要があります。料金は受講料・試験料・入会金をすべて含めて35万7000円。「野菜ソムリエ」は15万5400円、「ジュニア野菜ソムリエ」は13万3350円。

 

栄養士や管理栄養士の資格と併せて取得するとさらに幅広い分野での活躍が可能になるでしょう。プロの資格として役立てるだけでなく、日々の食生活の中でも活用できる知識を得られる資格でもあります。

 

興味がある方は日本野菜ソムリエ協会をホームページを参照ください。

 

スポンサードリンク

野菜ソムリエ(旧名称:ベジタブル&フルーツマイスター)関連エントリー

栄養士
栄養士は管理栄養士になるために必要な資格です。食生活におけるさまざまな場面で、専門的な知識やスキルが要求される職業として注目されています。
調理師
調理師試験の合格率は60%前後なので、余裕があればぜひ取っておきたい資格のひとつです。仕事の幅が広がり、スキルアップにつながります。
フードコーディネーター
食の商品開発、レストランプロデュース、販促・メディアなど、フードビジネスのすべてに関わる資格がフードコーディネーターです。活動内容も幅広く、将来性の高い注目の資格です。
フードスペシャリスト
「食」の専門職であるフードスペシャリストは、協会が「フードスペシャリスト養成機関」として認定している大学や短大の学科を卒業して得ることができます。資格認定試験は毎年12月に実施されています。