スポンサード リンク



子どものメタボリックシンドローム

息子は普段からよく食べるので太り気味です。このままではメタボリックシンドロームにならないか心配です。

文部科学省の調べによると、ここ30年の間で、子どもの肥満が2〜3倍に増えたという結果が出ています。男の子だけでなく、女の子も約2倍に増えています。

 

子どもの肥満で注意しておきたいのは、若いときに早めに治しておかないと、その約7割が大人になっても肥満を引きずってしまうことです。親は「最近ちょっと太りぎみ?」と感じたら、標準体重に戻すように努めてあげましょう。

 

子どものメタボリックシンドローム診断基準(6〜15歳の男女)

ウエスト(おへそ周り)・・・80cm以上であることに加え、以下の3項目のうち2項目が当てはまること。
血圧・・・125〜70mmHg以上
血糖値(空腹時)・・・100mg/dl以上
血中脂質(以下の両方またはいずれかに当てはまる)
・中性脂肪 : 120mg/dl以上
・HDLコレステロール値 : 40mg/dl未満

 

肥満の主な原因は食習慣の変化にあります。加工食品やお菓子・スナック菓子を食べる機会の増加、外食の増加、夕食を夜遅くに食べ、朝食を食べなかったりする、などです。また、外で運動することが少なくなったことも影響しています。

 

このように、食や生活習慣が乱れた子どもは、肥満のリスクが高くなり、肥満を放置しておくと、将来は命にかかわる重大な病気を引き起こしかねません。

 

親は一緒に軽い運動をしてあげたり、高脂肪・高カロリーに偏った食事を摂りすぎていないか、しっかりと健康管理してあげることが大切です。

 

スポンサードリンク

Q.子どもの肥満が気になります。関連エントリー

Q.食育とは何でしょうか?
食育とは何かと聞かれてうまく答えることはできるでしょうか?簡単に言うと、食を通して人間として生きる力を育むことです。ここでは3つの柱を中心に具体的に説明していきます。
Q.なぜ子どもに食育が必要なのでしょうか?
子どもへの食育の重要性が説かれていますが、その理由は子どもの食生活が乱れているからにほかなりません。すべての基本となる食事ができていないと、他のところにも影響が現れてきます。
Q.食育といっても何からはじめてよいのかわかりません。
家庭で食育といっても、まず何から実践していけばよいのかわからないかもしれません。しかし、難しく考える必要はなく、まずは家族で食卓を囲むことから始めてみましょう。
Q.朝食はなぜ大切なのですか?
朝ごはんは、生活リズムを整えるよい食習慣の基本です。1日の活動を始めるためのエネルギーを取っておかないと、仕事や勉強に悪影響が出て、病気にかかりやすい体になってしまいます。
Q.子どもの好き嫌いをなくすいい方法はないでしょうか?
子どもの好き嫌いを克服させるのは、親にとって頭の痛い問題でしょう。しかし、無理やり食べさせようとしてもまずうまくいきません。焦らず、根気よく努力していくしかありません。
Q.ばっかり食べは直したほうがいいですか?
一品ずつそればかりを食べる「ばっかり食べ」は、できる限り直したほうがいいでしょう。バランスよく食べることで、味覚を育み、相手から見てもいい印象を与えます。
Q.子どもの食べ残しが多くて困っています。
子どもの食が細く、食べきれずに食べ残してしまう場合は、食べられる分だけ盛ってあげましょう。決して無理やり食べさせたり、食べ残しを叱ったりしてはいけません。食の大切さを教えてあげると改善してきます。
Q.ご飯のときにテレビをつけるのはよくない?
食事中にテレビをつけっぱなしにしておくのはあまり良くありません。食事に集中できない環境になり、家族の会話もできなくなってしまいます。テレビを消して会話のある食卓を目指してみませんか?
Q.子どもと外食するときはどのようなメニューを選べばよいですか?
ひんぱんに外食に行く人は、脂肪分やたんぱく質、塩分を摂りすぎる傾向にあります。反対に、ビタミンやミネラルは不足しがちになります。野菜や果物をプラスして栄養素を補いましょう。