スポンサード リンク



好き嫌いを克服させるのは永遠のテーマ

息子の好き嫌いが激しく、嫌いなものには箸をつけようともしません。食べてもらうために仕方なく好きなメニューにしています。子どもの好き嫌いをなくすにはどうすればいいでしょうか?

子どもに食べてもらうために一生懸命にママがご飯を作っても、なかなか食べてもらえないことってありますよね。でも、子どもが好き嫌いをするのは普通のことで、どの家庭でも同じ悩みを抱えているのではないでしょうか。

 

少し口につけようとするならまだしも、一切手をつけてくれなかったようなときは、イライラしてつい叱ることも。ただ、ここで怒っても素直に食べてくれることはまずありません。それどころか、心理的なトラウマになって、かえって好き嫌いが悪化してしまうこともあります。

 

子どもが好き嫌いをする理由

克服を考える前に、まず子どもが好き嫌いをする理由について知っておくと良いでしょう。まず幼児の味覚は、大人に比べてとても敏感です。舌にある食べ物の味を感じる器官「味蕾(みらい)」の知覚能力は、大人の2倍以上であるともいわれています。大人にとっては「これは苦くないから大丈夫でしょう」と思っても、子どもにとっては酸味や苦味を強く感じているのかもしれません。

 

遺伝や生活環境の影響もあります。親が好まない食べ物はどうしても食卓に並ぶ機会が減ります。子どもも口にする機会が減ってしまうことで、経験不足から嫌いになってしまうことがあります。同じ食生活に身をおいているので、どうしても似通ってしまいます。

 

また、子どもはニオイにとても敏感です。魚介類や発酵食品など、強いニオイをする料理を前にすると、拒否反応を起こしてしまうことがあります。

 

子どもが好きな食べ物の中に少しずつ混ぜてみる

子どもの嫌いな食べ物といえば、にんじん、ピーマンなどが代表的です。これを克服するポイントは、好きな食べ物の中に混ぜてみる方法が効果的です。ピーマンが嫌いなら、みじん切りにしてハンバーグの中にに入れておく。にんじんが嫌いなら、すりおろしてシチューやケーキに混ぜてみる。

 

本当の「隠し味」です。魚の生臭さについては、香辛料や調味料で臭みを消してあげると食べてくれることがあります。

 

また、親自身がおいしそうに食べる姿を見せるのもプラスに働きます。楽しく食べる雰囲気作りを心がけることが重要です。そして、食べられなかったものに口をつけることができたら、思いきり褒めてあげることも忘れずに。

 

スポンサードリンク

Q.子どもの好き嫌いをなくすいい方法はないでしょうか?関連エントリー

Q.食育とは何でしょうか?
食育とは何かと聞かれてうまく答えることはできるでしょうか?簡単に言うと、食を通して人間として生きる力を育むことです。ここでは3つの柱を中心に具体的に説明していきます。
Q.なぜ子どもに食育が必要なのでしょうか?
子どもへの食育の重要性が説かれていますが、その理由は子どもの食生活が乱れているからにほかなりません。すべての基本となる食事ができていないと、他のところにも影響が現れてきます。
Q.食育といっても何からはじめてよいのかわかりません。
家庭で食育といっても、まず何から実践していけばよいのかわからないかもしれません。しかし、難しく考える必要はなく、まずは家族で食卓を囲むことから始めてみましょう。
Q.朝食はなぜ大切なのですか?
朝ごはんは、生活リズムを整えるよい食習慣の基本です。1日の活動を始めるためのエネルギーを取っておかないと、仕事や勉強に悪影響が出て、病気にかかりやすい体になってしまいます。
Q.子どもの肥満が気になります。
子どもの肥満は、早いうちから治しておかないと、そのほとんどが大人になっても肥満を引きずってしまいます。子どもの食習慣は、親がきちんと管理してあげなければなりません。
Q.ばっかり食べは直したほうがいいですか?
一品ずつそればかりを食べる「ばっかり食べ」は、できる限り直したほうがいいでしょう。バランスよく食べることで、味覚を育み、相手から見てもいい印象を与えます。
Q.子どもの食べ残しが多くて困っています。
子どもの食が細く、食べきれずに食べ残してしまう場合は、食べられる分だけ盛ってあげましょう。決して無理やり食べさせたり、食べ残しを叱ったりしてはいけません。食の大切さを教えてあげると改善してきます。
Q.ご飯のときにテレビをつけるのはよくない?
食事中にテレビをつけっぱなしにしておくのはあまり良くありません。食事に集中できない環境になり、家族の会話もできなくなってしまいます。テレビを消して会話のある食卓を目指してみませんか?
Q.子どもと外食するときはどのようなメニューを選べばよいですか?
ひんぱんに外食に行く人は、脂肪分やたんぱく質、塩分を摂りすぎる傾向にあります。反対に、ビタミンやミネラルは不足しがちになります。野菜や果物をプラスして栄養素を補いましょう。