スポンサード リンク



ばっかり食べは直すべき?

子どもの「ばっかり食べ」が直りません。いくら注意しても、おかずを先に食べて、ご飯を後から食べています。行儀が悪いと聞いたので無理にでも直したほうがいいのでしょうか?

おかずならおかずだけ、ご飯ならご飯だけ、スープならスープだけ、というように、まず一つに箸をつけると、ほかのものには一切手を出さずになくなるまでそれを食べ尽くし、次の食事に手をつけると同じようにそればかりを食べることを「ばっかり食べ」といいます。

 

「片付け食い(かたづけぐい)」、「一丁食い」などとも呼ばれますが、子どもがこのような食べ方をしていたら、早めに直してあげたほうがよいでしょう。

 

日本の食事作法では、いろいろな食べ物を交互に口に運ぶ「三角食べ」があります。並んだ料理を、「ご飯→おかず→汁物」といった順にお箸を三角に動かしながら食べる様子からきています。

 

ひとつの献立には、甘い、辛い、すっぱい、しょっぱいなど、いろいろな味の食べ物が並んでいます。私たちは、からいおかずを食べたら、ご飯を食べて味を中和し、しょっぱいものを食べたら、今度は汁物を飲んで中和しています。これは無意識のうちに行っています。

 

このようにバランスよく食べる三角食べは、口の中で味や濃さを調整し、さらには味の深みを感じることができるので、味覚を発達させることができます。

 

また、ばっかり食べは、ついつい自分の好きなものだけを一気に食べることになります。癖が直らずに大人になってばっかり食べをしていると、同卓した相手にあまりいい印象を与えない可能性があります。手作りの料理を振る舞ったとき、「これはあまり美味しくないから避けているのかな」と思われるかもしれません。

 

バランスよく食べることは、相手の気持ちを推し量ったり、思いやりの気持ちを持ったりといったバランス感覚を育むことにもつながります。

 

時代の変化は考え方も変わり、残さず食べるのであれば直さなくても問題ないという意見もありますが、やはり三角食べの素晴らしさ、おいしさを体感してもらうために、ばっかり食べの癖は直してあげたほうが良いでしょう。

 

スポンサードリンク

Q.ばっかり食べは直したほうがいいですか?関連エントリー

Q.食育とは何でしょうか?
食育とは何かと聞かれてうまく答えることはできるでしょうか?簡単に言うと、食を通して人間として生きる力を育むことです。ここでは3つの柱を中心に具体的に説明していきます。
Q.なぜ子どもに食育が必要なのでしょうか?
子どもへの食育の重要性が説かれていますが、その理由は子どもの食生活が乱れているからにほかなりません。すべての基本となる食事ができていないと、他のところにも影響が現れてきます。
Q.食育といっても何からはじめてよいのかわかりません。
家庭で食育といっても、まず何から実践していけばよいのかわからないかもしれません。しかし、難しく考える必要はなく、まずは家族で食卓を囲むことから始めてみましょう。
Q.朝食はなぜ大切なのですか?
朝ごはんは、生活リズムを整えるよい食習慣の基本です。1日の活動を始めるためのエネルギーを取っておかないと、仕事や勉強に悪影響が出て、病気にかかりやすい体になってしまいます。
Q.子どもの肥満が気になります。
子どもの肥満は、早いうちから治しておかないと、そのほとんどが大人になっても肥満を引きずってしまいます。子どもの食習慣は、親がきちんと管理してあげなければなりません。
Q.子どもの好き嫌いをなくすいい方法はないでしょうか?
子どもの好き嫌いを克服させるのは、親にとって頭の痛い問題でしょう。しかし、無理やり食べさせようとしてもまずうまくいきません。焦らず、根気よく努力していくしかありません。
Q.子どもの食べ残しが多くて困っています。
子どもの食が細く、食べきれずに食べ残してしまう場合は、食べられる分だけ盛ってあげましょう。決して無理やり食べさせたり、食べ残しを叱ったりしてはいけません。食の大切さを教えてあげると改善してきます。
Q.ご飯のときにテレビをつけるのはよくない?
食事中にテレビをつけっぱなしにしておくのはあまり良くありません。食事に集中できない環境になり、家族の会話もできなくなってしまいます。テレビを消して会話のある食卓を目指してみませんか?
Q.子どもと外食するときはどのようなメニューを選べばよいですか?
ひんぱんに外食に行く人は、脂肪分やたんぱく質、塩分を摂りすぎる傾向にあります。反対に、ビタミンやミネラルは不足しがちになります。野菜や果物をプラスして栄養素を補いましょう。