スポンサード リンク



外食するときの上手なメニュー選び

子どもを連れてよくファストフードやレストランを利用します。外食ばかりでは体に良くないことはわかっていますが、メニューを選ぶときに注意することはありますか?

今はファストフードやファミリーレストラン、コンビニなどがすごく充実しています。スーパーで食材を買って家で調理して食べるよりも、外ですませる機会も多くなりました。外食は手間がかからないのでとても便利ですし、メニューも充実していておいしいものばかりです。

 

忙しい現代人には無くてはならない外食ですが、やはり健康が気になるという方は多いでしょう。外食の場合、やはり栄養バランスは偏ってきます。脂肪分やたんぱく質、塩分が多い傾向があり、反対に、ビタミンやミネラルが不足しがちになります。

 

料理を選ぶときは、不足しがちな栄養素を補うために、煮物やサラダなどの野菜類や海藻、きのこ類などを合わせて注文するのがおすすめです。

 

ファミリーレストランでは、サラダプレートや定食メニューを選ぶと栄養バランスが整っています。単品のメニューを選ぶときは、野菜スープをプラスしたり、おひたしやシラスを加えるのもいいですね。

 

マクドナルドなどのファストフード店では、和風のライスバーガーや野菜が入っているサンドイッチを選んでみましょう。化学調味料や加工肉を使っているお店を避けて、素材にこだわっている店を探してみるのもいいでしょう。

 

また、大人がお酒を飲む場所である居酒屋ですが、最近ではキッズルームを設けたり、お子様向けメニューを準備している居酒屋も増えてきています。子連れで居酒屋に行くことに抵抗がある人も多いですが、一家団らんの場としてファミリーレストランの代わりに利用している人もいるようです。

 

スポンサードリンク

Q.子どもと外食するときはどのようなメニューを選べばよいですか?関連エントリー

Q.食育とは何でしょうか?
食育とは何かと聞かれてうまく答えることはできるでしょうか?簡単に言うと、食を通して人間として生きる力を育むことです。ここでは3つの柱を中心に具体的に説明していきます。
Q.なぜ子どもに食育が必要なのでしょうか?
子どもへの食育の重要性が説かれていますが、その理由は子どもの食生活が乱れているからにほかなりません。すべての基本となる食事ができていないと、他のところにも影響が現れてきます。
Q.食育といっても何からはじめてよいのかわかりません。
家庭で食育といっても、まず何から実践していけばよいのかわからないかもしれません。しかし、難しく考える必要はなく、まずは家族で食卓を囲むことから始めてみましょう。
Q.朝食はなぜ大切なのですか?
朝ごはんは、生活リズムを整えるよい食習慣の基本です。1日の活動を始めるためのエネルギーを取っておかないと、仕事や勉強に悪影響が出て、病気にかかりやすい体になってしまいます。
Q.子どもの肥満が気になります。
子どもの肥満は、早いうちから治しておかないと、そのほとんどが大人になっても肥満を引きずってしまいます。子どもの食習慣は、親がきちんと管理してあげなければなりません。
Q.子どもの好き嫌いをなくすいい方法はないでしょうか?
子どもの好き嫌いを克服させるのは、親にとって頭の痛い問題でしょう。しかし、無理やり食べさせようとしてもまずうまくいきません。焦らず、根気よく努力していくしかありません。
Q.ばっかり食べは直したほうがいいですか?
一品ずつそればかりを食べる「ばっかり食べ」は、できる限り直したほうがいいでしょう。バランスよく食べることで、味覚を育み、相手から見てもいい印象を与えます。
Q.子どもの食べ残しが多くて困っています。
子どもの食が細く、食べきれずに食べ残してしまう場合は、食べられる分だけ盛ってあげましょう。決して無理やり食べさせたり、食べ残しを叱ったりしてはいけません。食の大切さを教えてあげると改善してきます。
Q.ご飯のときにテレビをつけるのはよくない?
食事中にテレビをつけっぱなしにしておくのはあまり良くありません。食事に集中できない環境になり、家族の会話もできなくなってしまいます。テレビを消して会話のある食卓を目指してみませんか?