スポンサード リンク

こんなにある活躍の場

栄養士から管理栄養士にキャリアアップすることで、活躍の場が一気に広がると言われています。
管理栄養士は責任ある立場に就くことができることでさまざまな仕事の場が開けるのです。

 

管理栄養士の活躍の場といえば、まず学校給食の献立の作成を連想する人も多いでしょう。もちろん非常に重要な役割ですが、それ以外にも幅広い分野で活躍の場があります。また、近年になってニーズがさらに拡大している状況でもあります。

 

現在もっとも注目を集めているのが介護・福祉業界。高齢化社会の進行に伴い、高齢者の食生活の充実が社会の大きなテーマとなっています。

 

管理栄養士が老人ホームなどの入所施設での献立作りや食生活の指導・アドバイスを行う機会が増えているのです。また、自宅で介護を受けている高齢者とその家族に対して食生活上の指導・アドバイスをする場合もあります。

 

それから保健所。とくに離乳食に関する指導・アドバイスを行う機会が増えています。少子化が進んだこともあってか、子供の離乳時に戸惑う母親も多く、母親を対象にした離乳食の講座を開催するケースもあります。

 

ほかにも食育や食の安全性に関する講座、上述した自宅介護における食生活についての講座などが行われるケースも増えているようです。

 

近年増えているニーズとしては食品メーカーでの業務も挙げられます。新製品の安全性や栄養面の問題点をチェックしたり、試作品を試食するなどの仕事や、さらに一歩踏み込んで製品そのものの立案やキャッチコピーの考案を行う場合もあるようです。

 

このように、管理栄養士はさまざまな活躍の場が用意されており、これからますますニーズが高まることが予想されています。

 

スポンサードリンク