スポンサード リンク

(管理)栄養士養成施設に入る

管理栄養士は栄養士の上級資格、つまり栄養士であることが資格を取得するための前提条件となります。
では具体的に管理栄養士になるためにはどのような進路が必要になるのでしょうか。

 

まず栄養士になること。これには栄養士になるための養成施設と管理栄養士になるための養成施設の2種類があります。

 

前者の修業期間は2〜4年なのに対し、後者は4年となっています。

 

栄養士を目指す段階から将来的に管理栄養士の資格の取得も考えている場合には、後者を選ぶ方が近道となります。

養成施設を卒業した後の進路

栄養士を取得したあとの進路はどの養成施設を修了したかによって異なってきます。

 

栄養士養成施設の場合、修業年数と実務経験を合わせて5年以上の期間が必要となります。
例えば、2年間の養成施設を修了して栄養士になった場合は、3年以上の実務経験を積む必要があるのです。

 

一方、管理栄養士の養成施設を終了した場合には実務経験の必要はありません。卒業と同時に栄養士の資格と管理栄養士国家試験の受験資格が与えられます。

 

これらの条件をクリアした上で管理栄養士の国家試験を受験し、合格を目指すことになります。

 

管理栄養士になるためには国家試験を受ける必要があることは広く知られていますが、このようにまず国家試験を受けるために設けられたハードルをクリアすることが求められるのです。

 

栄養士なら誰にでもすぐに受験することができるわけではないだけに、今回取り上げた進路は栄養士を目指す段階から把握しておくようにしたいところです。

 

管理栄養士の資格は今後さらに注目度とニーズが高まっていくことが確実ですから、栄養士を目指す人すべてにとって必須の基礎知識となるでしょう。

 

スポンサードリンク