スポンサード リンク

勤務形態によって収入に差がある

管理栄養士,給料,年収,国家試験

 

栄養士の平均年収は330万円程度といわれています。民間のサラリーマンの平均年収が400万円程度といわれていますから、決して高い数字とはいえない状況です。

 

それだけに、上級資格となる管理栄養士へのステップアップを目指すケースが多くなっています。

 

では、管理栄養士の場合はどの程度の給料・年収が期待できるのでしょうか。
具体的にどの程度の収入を得ているのか、具体的なデータは少ない状況です。

 

それはまだ管理栄養士という資格そのものの認知度が低い点と、就業環境が多彩なため平均が出しにくい点が原因として考えられます。

 

管理栄養士の場合、まず幅広い活躍の場が設けられており、それぞれ雇用形態や給与形態が異なってくる場合が多いのです。

 

たとえば保健所など行政施設で働く場合と、学校給食に関わる場合と、食品メーカーに勤務する場合とでは年収に大きな違いが見られます。

 

また、栄養士を管理する立場に立つ場合、給料とは別に資格手当がもらえるケースもあり、その金額が勤務先によっても大きく異なってくるのです。

 

年収800万円を超えるケースも

 

ただ、栄養士に比べれば間違いなく高収入になることは間違いないでしょう。

 

また、食育、介護、離乳食などに関する講座に講師として招かれるケースも多く、複数の仕事を掛け持ちで行う機会も増えてきます。

 

仕事を多くすればそれだけ収入を得ることができますし、行政関連の仕事を得ることができればとくに高収入が期待できるでしょう。人によっては年収800万円を超えるケースも珍しくないようです。

 

活躍の場が広がるというだけでも栄養士との間に収入の差が大きく生じてくるはず。改めて国家試験を受けなおすだけの価値のある資格といえるではないでしょうか。

 

スポンサードリンク