スポンサード リンク

コミュニケーション能力が第一

管理栄養士,資格取得,通信講座,能力

管理栄養士は栄養士の上級資格です。

 

食に関するより広く深い知識が求められることもあり、資格を取得することによって栄養士よりも幅広い仕事を担うことができるようになります。

 

そのためキャリアアップの手段として資格取得を目指す人が多いようです。

 

では、管理栄養士にはどのような能力が求められるのでしょうか。

 

もちろん、資格取得ための国家試験を合格できるだけの知識・スキルが大前提となるわけですが、求められる仕事・役割を果たすうえで備えておきたい能力もいくつかあります。

 

その中でももっとも重要なものといえるのがコミュニケーション能力です。

 

栄養士というと食事の献立作りといった仕事を黙々とこなすイメージもありますが、管理栄養士の場合は人との積極的な関わりが求められるようになりなす。それには大きく2つの点があります。

 

ひとつは栄養指導など一般の人と関わる上でのコミュニケーション能力。その人の食生活を改善し、より健康的な生活環境を築くためのアドバイス・指導を行うわけですが、一方的に意見を押し付けるのではなく、相手とよく話し合い、納得させられる形で行う必要があります。

 

もうひとつは栄養士を管理する立場としてのコミュニケーション能力。複数の栄養士が共同で仕事をする場合、管理栄養士がそれを束ねる立場に立ちます。

 

専門的な知識を持った栄養士を相手に指導・教育を行う場合もあるので、そのためのコミュニケーション能力、あるいは人間関係の調整能力なども求められるでしょう。

 

ほかにもパソコンのスキルや食事に関わる他の資格など求められる能力はいくつか挙げられますが、やはりまずコミュニケーション能力が第一に求められる能力となるでしょう。

 

スポンサードリンク