スポンサード リンク

受験資格はよく確認しておく

管理栄養士になるためには国家試験に合格しなければなりません。しかしこの国家試験は誰でも受けることができるわけではなく、指定された受験資格をクリアしていることが大前提となるのです。

 

栄養士の資格を取得していることが条件となることは誰でも容易に推測することができると思いますが、それ以外にもいくつかの条件が設けられています。

 

管理栄養士の国家試験の受験資格はその人がどのような形で栄養士の養成施設を修了したのかによって内容が異なってきます。

 

管理栄養士の養成施設を修了した場合

これは4年制の大学を修了していることになるわけですが、その場合には卒業見込みを含め、卒業していることが条件となります。

 

栄養士の養成施設を修了した場合

まず栄養士の資格を取得していることに加え、一定の実務経験が求められます。この実務経験も養成施設の修業期間によって異なってきます。

 

設けられている条件は3種類。2年制の養成施設を修了した場合は実務経験は3年、3年制を修了した場合には2年、4年制を修了した場合には1年。つまり「修業期間+実務経験」の合計が5年以上であることが求められるのです。

 

このように、どのような養成施設でどの程度の期間学んだのかによって管理栄養士の受験資格が異なってくるのです。これは願書を提出する際に用意する必要書類の違いになって現れてきます。実務経験を証明する書類を必要な期間分用意する必要があるからです。

 

管理栄養士を目指す場合にはまず自分が受験資格をクリアしているか、するためにはどのような条件があるのかを確認したうえで対策・勉強を行うようにしましょう。

 

スポンサードリンク