スポンサード リンク

管理栄養士Q&A

栄養士と管理栄養士の違いはなんですか?

管理栄養士に関する情報を集める際、多くの人が疑問に思うのが「栄養士と何が違うのか」という点です。栄養士の上位資格として知られている一方、具体的にどう上位なのか、どのような違いがあるのかは必ずしも知られているとはいえない状況です。

 

栄養士と管理栄養士の最大の違いはまず担う役割の重要性でしょうか。より責任の重い役割を担う機会が多くなります。学校給食の献立作りも管理栄養士が担当するケースが多いようです。

 

また、学校や保健所などで実施されている栄養指導や講座を担当するのも多くは管理栄養士です。人々に栄養バランスの整った食生活を指導し、啓蒙する役割を担っているのです。

 

また、名称の通り、管理職につくケースもあります。具体的には他の栄養士を管理する環境で働くケースが多いのです。現場の責任者になったり、栄養士を指導・教育する立場を担う場合もあります。

 

職場の状況や成果に関する責任を負う必要が出てきますから、単に栄養関連の知識やスキルを備えているだけでなく、責任感や指導力も問われるのです。

 

そのほか、設置が義務付けられる施設にも違いが見られます。管理栄養士の場合、特定機能病院や栄養士養成施設、管理栄養士養成施設といった施設のほか、医学的な管理を必要とする特定の給食施設などでの設置が義務付けられています。とくに養成施設での役割は栄養士との大きな違いとなるでしょう。

 

このように、役割の幅広さ、重さがおもに管理栄養士と栄養士の違いとなります。管理栄養士はその分、収入増や昇給の機会に恵まれることも意味しており、栄養士のスキルアップの手段として重要な資格となっています。

 

スポンサードリンク