スポンサード リンク

管理栄養士Q&A

管理栄養士の将来性はどうですか?

 

管理栄養士,よくある質問,Q&A,将来性

栄養士のスキルアップの手段として注目されている管理栄養士の資格。
資格試験の難易度の高さもあり、取得後のメリットが注目されています。

 

では、将来的にこの資格はどのような可能性が開けているのでしょうか。
現在ではまだ栄養士との区別が明確ではない部分もあり、その高い専門知識が十分に活かされていない面もあります。今後どのような分野で活躍の場が期待できるのでしょうか。

 

管理栄養士の将来は明るいといわれています。食に関する関心の高まり、心身の健康の重要性が指摘されている現在、ますます大きな役割を担うことが期待されているからです。

 

たとえばメタボリックシンドローム。生活習慣病の原因になることで知られるようになったこの問題の予防・対策には食生活の改善が不可欠。無理なく食事制限や栄養バランスの調節を行うためには管理栄養士による適切な指導が不可欠となるのです。

 

それから食育。子供の健全な成長を促すための食生活の充実が求められています。そんな食環境の構築にも管理栄養士は大きな役割を果たします。
すでに食育関連の講座などが開催されるケースが増えていますが、その機会は今後さらに増えていくことでしょう。

 

また介護・福祉に関する役割も忘れてはならないでしょう。高齢者・障害者が自立した生活を送るために必要な食事環境を整えるための指導・アドバイスも管理栄養士が担うことになるはずです。

 

そのほか食料品メーカーや外食産業のアドバイザーなど、需要の拡大が見込めそうな分野は多数あります。このように、管理栄養士の専門知識が求められる機会は今後ますます増えていくことは間違いないでしょう。

 

スポンサードリンク