スポンサード リンク

管理栄養士Q&A

独学での資格取得は難しいですか?

管理栄養士の資格試験は非常に難易度が高いといわれています。全体の合格率は20〜30パーセント程度。養成施設の修了や実務経験といった厳しい受験資格を設けていることを考えればかなり低い合格率となるでしょう。

 

とくに独学での資格取得は難しいといわれています。管理栄養士の養成施設を卒業した新卒の受験者の合格率は70パーセントを超えているのに対し、既卒者は約8パーセント、さらに栄養士の養成施設を出て実務経験を積んで受験した場合には7パーセント程度と極端な差が出ているのです。

 

つまり、働きながら独学での合格を目指す場合には合格率はせいぜい10パーセント未満。非常に狭き門となっているわけです。

 

それだけに、独学での勉強には環境作りが重要になってきます。限られた時間のなか、いかに効率よく勉強していくかがポイントとなってくるわけです。参考書や過去問といった書籍がほとんど出回っていない資格でもありますから、完全な独学では合格はほとんど望めないといってよいでしょう。

 

改めて管理栄養士の養成施設に通いなおすのは困難ですから、通信講座などで対策を行うのが独学で合格するための最大の近道となるでしょう。通信講座なら合格するためのカリキュラムが組まれているほか、最新の試験状況に沿ったテキストが用意されています。

 

何を学んだらよいのかまったくわからない状況からはじめるよりもずっと効率よく進めていくことができるでしょう。自分のペースで、都合に合わせて勉強できる点も働きながらの対策に適しています。

 

管理栄養士を目指す場合には独学での資格取得は難しいことを念頭に置きつつ、狭き門をクリアするための環境作りから対策を始めようにしましょう。

 

スポンサードリンク