スポンサード リンク

管理栄養士Q&A

文系と理系ではどちらを選択するといいですか?

将来管理栄養士を目指すために進学先を選ぶ場合には、文系にするか理系にするかの選択も重要になってきます。

 

もちろん、どちらを選んでも最終的には国家試験に合格する必要がありますし、そのためには本人の努力と地道な対策が大きく物を言います。

 

しかしそのための準備として、必要な知識を身につける場所として、文系・理系のどちらを選んだかが大きな差になって表れてくるといいます。

 

世間一般では理系の方が有利といわれています。その理由は管理栄養士の仕事には理系に関わる知識が求められることが多いからです。

 

とくに化学の知識が重要になってくるといわれており、栄養士として本格的な勉強を始める際に化学の素養を備えているかどうかがその後に大きな影響をもたらすといわれているのです。またそのほかにも、生物などの理系知識が求められるといいます。

 

ですから、早い段階で将来管理栄養士を目指す場合には理系の高校・大学を選ぶとよいでしょう。
また、管理栄養士の受験資格を得ることができる4年制の大学もあり、早く取得したい場合には進路として選ぶとよいでしょう。その場合には大学で文系・理系の選択をする必要がなくなります。

 

また、栄養士から実務経験を経て管理栄養士の資格取得を目指す場合、働きながら勉強を続けていくことになります。その際にも学生時代の理系の知識の蓄積があるかどうかが大きな差になるケースがあるようです。

 

もちろん、文系では合格できないというわけではありませんが、理系のメリットは知っておいて損はないでしょう。

 

スポンサードリンク