スポンサード リンク

栄養士とは

栄養士,資格,特長,仕事内容

 

管理栄養士は栄養士の上級資格といえるものです。つまり、管理栄養士になるためにはまず栄養士の資格を取得していることが大前提となるわけです。

 

ではこの栄養士という資格はどのような資格なのでしょうか。また管理栄養士との間にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

栄養士の仕事としてよく知られているのが学校の献立の作成。栄養のバランスが整った献立を考えるだけでなく、子供のニーズや嗜好に合わせた献立作りも求められます。栄養素やそれが健康にもたらす影響、さらに使用される食材のカロリーなど幅広い知識が求められます。

 

それから栄養指導。学校はもちろん、医療施設や保健所などの施設で講座を開催し、日常の食生活についての説明を行います。また、離乳食や高齢者向けの献立の作成や注意点といった特定のテーマに沿った講座も近年需要が高まっています。そのほかスポーツ選手やスポーツ施設の食事指導なども近年増えている仕事です。

 

では、管理栄養士とはどのような違いがあるのでしょうか。管理栄養士にできて栄養士にできないといった明確な線引きはそれほどなく、管理栄養士の方がより責任ある仕事を任させることが多い傾向があります。

 

ひとつ大きな違いとしては、管理栄養士は栄養士の指導や教育を行うことができる点です。つまり、管理栄養士の資格を取得した方がより幅広い仕事ができることになります。

 

このように、栄養士はわたしたちの食生活におけるさまざまな場面で専門的な知識・スキルで関わってくる重要な仕事です。食の安全や食育に関する関心が高まっている今、その役割はますます高まっていくことが予想されています。

 

スポンサードリンク