スポンサード リンク

フードコーディネーターとは

食に関する関心が高まっている現在、関連するさまざまな資格にも注目が集まるようになっています。
その中でも近年急速に知名度を高めているのがフードコーディネーターです。

 

これは食に関する専門的な知識を持ちつつ、総合的な視野に立ってコーディネートを行う資格です。
食関連の資格や専門職が多数あり、専門家・細分化が進んでいる状況下、それらの役割を統合し、相応しい形でコーディネートするのがおもな役割です。

 

具体的な活躍の場としては食品メーカーにおいての食品開発、新製品の販売促進やメディアへの露出、さらにはレストラン・飲食店のプロデュースなどが挙げられます。安全な食事、魅力的なメニューを考えるだけでなく、食をビジネスとして捉え幅広い視野に立って活躍する仕事なのです。

 

このフードコーディネーターの資格は、日本フードコーディネーター協会(特定非営利活動法人)が実施する試験に合格することで取得することができます。この資格には3級〜1級までの3種類があり、難易度によって分けられています。

 

3級は入門レベル、2級はフードコーディネーターのアシスタントレベルですが、1級はフード業界でプロとして活動できるレベルとなっており、試験でも記述式の企画書の作成やプレゼンテーションなど高度な内容が出題されます。

 

フードコーディネーターの資格を単独で取得するだけでなく、他の食関連の資格と併用することで活躍の場を増やしている人も少なくありません。管理栄養士などはその代表的な例です。

 

管理栄養士の高度な専門知識と、フードコーディネーターの企画力を併せることで食関連のあらゆる分野において活躍することができるようになります。

 

フード業界で働くきっかけとして、スキルアップ・キャリアアップの手段として、魅力的な資格といえるでしょう。興味がある方は日本フードコーディネーター協会のホームページを参照ください。

 

スポンサードリンク