スポンサード リンク

食育アドバイスQ&A記事一覧

最近「食育」という言葉をテレビや新聞などで耳にするのですが、イマイチよく分かりません。食生活が重要なのはわかりますが、どのような意味なのでしょうか?ここ最近でメディアに浸透しつつある「食育」ですが、一体何のことを指しているのか分からない方も多いようです。一言で言うと、食を通じて人間として生きる力を育むことです。食育はまず家庭における管理・指導がとても重要です。3つの柱があるのでそれぞれみていきまし...

いろいろなところで食育の大切さがいわれていますが、なぜ今、子どもたちが食育を学ぶ必要があるのでしょうか?さまざまな現場で食育の必要性・重要性が指摘されていますが、それはなぜかというと、実際に子どもの食生活が乱れているからです。昔は「家庭の食卓」も機能していましたが、現在では環境の激変で機能していなくなっているというのです。それをよく表しているのが6つの「こ」食です。「こ」食をそれぞれみていくと、次...

食育と聞いてもなんだか難しそうです。何から取り組めばよいのでしょうか?子どもたちへの食育については、学校では給食が食育の場としての大きな役割を担っています。栄養バランスを考えた献立はもちろん、旬の素材を使った季節感ある料理や、地元で取れた野菜を使用したり、なかには郷土料理がでる学校もあるようです。また、授業の一環として、バケツ稲を栽培したり、学校菜園で野菜を作ったりしているところもあります。自分た...

仕事をしているので、朝ごはんを作る時間がなかなか確保できません。子どももときどき食べないまま学校に行っています。朝ごはんはよく大事といいますが、どうしてですか?1日の始まりは朝食からといいます。朝食をとるのは当たり前と思いきや、最近では若い世代を中心に朝食を食べない人が増えています。朝ごはんの重要性を理解すると、食べないことがいかにマイナスになっているのかが分かるでしょう。朝ごはんの役割は次のよう...

息子は普段からよく食べるので太り気味です。このままではメタボリックシンドロームにならないか心配です。文部科学省の調べによると、ここ30年の間で、子どもの肥満が2〜3倍に増えたという結果が出ています。男の子だけでなく、女の子も約2倍に増えています。子どもの肥満で注意しておきたいのは、若いときに早めに治しておかないと、その約7割が大人になっても肥満を引きずってしまうことです。親は「最近ちょっと太りぎみ...

息子の好き嫌いが激しく、嫌いなものには箸をつけようともしません。食べてもらうために仕方なく好きなメニューにしています。子どもの好き嫌いをなくすにはどうすればいいでしょうか?子どもに食べてもらうために一生懸命にママがご飯を作っても、なかなか食べてもらえないことってありますよね。でも、子どもが好き嫌いをするのは普通のことで、どの家庭でも同じ悩みを抱えているのではないでしょうか。少し口につけようとするな...

子どもの「ばっかり食べ」が直りません。いくら注意しても、おかずを先に食べて、ご飯を後から食べています。行儀が悪いと聞いたので無理にでも直したほうがいいのでしょうか?おかずならおかずだけ、ご飯ならご飯だけ、スープならスープだけ、というように、まず一つに箸をつけると、ほかのものには一切手を出さずになくなるまでそれを食べ尽くし、次の食事に手をつけると同じようにそればかりを食べることを「ばっかり食べ」とい...

うちの息子は食がとても細く、よく食べ物を残してしまいます。食べ残しはマナーもよくないので直したいのですが、無理やり食べさせることもできず困っています。よく食べる子どもがいるように、食がとても細い子どももいます。食が細い子に対しては、無理やり食べさせようと大量の食事を用意するのはやめましょう。見ただけで満腹になったり、食べきれずに残してしまうことで食事が嫌になり、まずます食べれなくなってしまうという...

主人が帰宅するとすぐにテレビをつけるので、食事のときもテレビがついたままです。テレビをつけっぱなしにするのは子どもにとって良くないですか?食事のときにテレビをつけている家庭はかなり多いようです。その理由は、親(子ども)が見たい番組がある、長年の習慣になっている、話題づくりのためにつけている、などです。子どもにとって問題ないように感じられますが、できればちょっとテレビを我慢してみませんか?食卓は、た...

子どもを連れてよくファストフードやレストランを利用します。外食ばかりでは体に良くないことはわかっていますが、メニューを選ぶときに注意することはありますか?今はファストフードやファミリーレストラン、コンビニなどがすごく充実しています。スーパーで食材を買って家で調理して食べるよりも、外ですませる機会も多くなりました。外食ですませれば、家で作るよりも手間がかからないのでとても便利ですし、メニューも充実し...

わが家では、食事中はテーブルにひじをつかないなど、厳しくしつけをしてきました。食事中のマナーについて教えておきたいものはなんですか?食事のマナーについては、早い段階から家でもしつけておきましょう。大人になってからでは、直すのは難しくなります。まずは食事の前の「いただきます」と、食事の後の「ごちそうさまでした」のあいさつです。意外とこれができていない子どもは多いです。食べ物はあって当たり前ではありま...

箸の使い方について、これはダメというマナー違反にはどのようなものがありますか?箸には、持ち方のほかにも使い方についてさまざまなマナーが存在します。多くは子どもがやってしまうマナー違反ですが、なかには大人もついやってしまいがちなものもあります。一緒に食べている人に不快感を与えないために、NGとなる箸の使い方について知っておきましょう。噛み箸箸の先を噛む込み箸箸で食べ物を押し込むねぶり箸箸先をなめるく...

うちの子どもは炭酸飲料が大好きで、毎日飲んでいます。このようなソフトドリンクを飲んでいると、体にどんな影響があるのですか?どんな子どもも、コーラやサイダーなどの炭酸飲料、ジュースやスポーツドリンクなどの清涼飲料水は好んで飲むものです。暑くなる時期には、自動販売機からスポーツドリンクを買って、勢いよくがぶ飲みしている光景もよくみられます。このようなソフトドリンクの飲み過ぎは体に悪いかどうかについてで...

夏になると食中毒が心配です。家庭で食中毒を防ぐためには、どのようなことに気をつければいいのですか?夏になると集団食中毒のニュースをよく聞くようになるので、暑くなる時期には食品の扱いにとくに注意が必要です。ただし、食中毒自体は夏だけに限らず、1年中いつでも起こりうることなので、抵抗力が弱い小さなお子さんをもつ家庭は、親が予防をしていくことがたいせつです。食中毒を防ぐポイント菌がつかないようにする菌を...

小学校に入ったばかりの娘が、最近になって料理の手伝いをしたがります。ただ、手間がかかってしまうので、あまりやらせたくありません。手伝いはどこまで任せていいですか?5歳くらいの子どもは、料理への関心がすごく高まる時期です。親が料理をしていると、子どもは自分から手伝いたいと言ってくることも珍しくありません。せっかく興味を持っているのですから、追い払わないでぜひとも手伝わせてあげたいところです。料理を手...

食品の期限表示について、「消費期限」と「賞味期限」がありますが、どのように違うのでしょうか?以前までは、食品の日付表示は「製造年月日」が使われていましたが、現在は「消費期限」か「賞味期限」の2種類に切り替わっています。この両者の違いについて、はっきりと答えることのできる人は少ないように思います。「ほとんど意味は同じでしょ?」という回答も多いほどです。簡単に言うと、それぞれの意味は次のようになります...

子どもが大きくなっても、健康で丈夫な体でいられるように願っています。そのためのおすすめの食品はありますか?子どもの成長期には、好き嫌いなくさまざまな食品から栄養をとってほしいものですが、やはり丈夫な体の土台となっている骨をつくるためにも、カルシウムを意識して摂ることがたいせつです。全身の骨がもろくなって骨折しやすくなる「骨粗しょう症」という病気がありますが、カルシウム不足になる人が増えて、大人だけ...