スポンサード リンク

子どもに食育が必要な理由

いろいろなところで食育の大切さがいわれていますが、なぜ今、子どもたちが食育を学ぶ必要があるのでしょうか?

さまざまな現場で食育の必要性・重要性が指摘されていますが、それはなぜかというと、実際に子どもの食生活が乱れているからです。昔は「家庭の食卓」も機能していましたが、現在では環境の激変で機能していなくなっているというのです。

 

それをよく表しているのが6つの「こ」食です。「こ」食をそれぞれみていくと、次のようになります。

  • 「孤食」家族が不在で食卓で1人で食べること
  • 「個食」家族がバラバラで好みの料理を食べること
  • 「固食」自分の好きな決まったものしか食べないこと
  • 「小食」いつも食欲がなく食べる量も少ないこと
  • 「粉食」パンやめんなどの粉製品を多く食べること
  • 「濃食」味の濃いものを好んで食べること

例えば「孤食」の場合、好き嫌いが増えたり、わがままになったり、会話もないので食事のマナーを身につける機会がなくなってしまいます。また「固食」の場合、好きなものばかり食べることで、身体の成長が妨げられ、協調性が育たなくなってしまうなどの影響が出てきます。

 

人間のモラルや習慣は、幼少期からのしつけでほとんど決まります。脳の成長が著しい3歳から8歳までの間に、食のしつけをしておくことが大切です。それ以降になってしまうと、しつけをすることが難しくなってしまいます。

 

大人になってからいざ悪い習慣を直そうとしてみても、それは並大抵のことではありません。ですので、幼少期に正しい食育指導を行うことがとても重要なのです。

 

スポンサードリンク