スポンサード リンク

食育は何から取り組めばよいのか

食育と聞いてもなんだか難しそうです。何から取り組めばよいのでしょうか?

 

食育,子ども,健康,食事

 

子どもたちへの食育については、学校では給食が食育の場としての大きな役割を担っています。栄養バランスを考えた献立はもちろん、旬の素材を使った季節感ある料理や、地元で取れた野菜を使用したり、なかには郷土料理がでる学校もあるようです。

 

また、授業の一環として、バケツ稲を栽培したり、学校菜園で野菜を作ったりしているところもあります。自分たちで作った素材を給食に使う取り組みは、食に対するマナーや理解を深めるのにとても役立つでしょう。

 

それでは、家庭でできることは何があるでしょうか。難しく考える必要はありません。なによりも子どもが「食事は楽しいものである」と感じることができれば、目標はほぼ達成です。

 

まずは家族が一つの食卓に集まって、会話しながら食事をする習慣をつけていきましょう。会話の内容は、学校で起こった出来事や行事の話題など、できるだけ途切れないように進めていくのがポイントです。

 

子どもと一緒に買い物に出かけて、季節の食材を見たり、魚を見たりするのもいいでしょう。加工品だけに頼るのではなく、産地のしっかりしたものを選んで、手作りで料理を作ったりできれば、立派な食育になります。

 

スポンサードリンク