スポンサード リンク

子どものメタボリックシンドローム

息子は普段からよく食べるので太り気味です。このままではメタボリックシンドロームにならないか心配です。

 

食育,子ども,健康,肥満

 

文部科学省の調べによると、ここ30年の間で、子どもの肥満が2〜3倍に増えたという結果が出ています。男の子だけでなく、女の子も約2倍に増えています。

 

子どもの肥満で注意しておきたいのは、若いときに早めに治しておかないと、その約7割が大人になっても肥満を引きずってしまうことです。親は「最近ちょっと太りぎみ?」と感じたら、標準体重に戻すように努めてあげましょう。

 

子どものメタボリックシンドローム診断基準(6〜15歳の男女)

ウエスト(おへそ周り)・・・80cm以上であることに加え、以下の3項目のうち2項目が当てはまること。
血圧・・・125〜70mmHg以上
血糖値(空腹時)・・・100mg/dl以上
血中脂質(以下の両方またはいずれかに当てはまる)
・中性脂肪 : 120mg/dl以上
・HDLコレステロール値 : 40mg/dl未満

 

肥満の主な原因は食習慣の変化にあります。加工食品やお菓子・スナック菓子を食べる機会の増加、外食の増加、夕食を夜遅くに食べ、朝食を食べなかったりする、などです。また、外で運動することが少なくなったことも影響しています。

 

このように、食や生活習慣が乱れた子どもは、肥満のリスクが高くなり、肥満を放置しておくと、将来は命にかかわる重大な病気を引き起こしかねません。

 

親は一緒に軽い運動をしてあげたり、高脂肪・高カロリーに偏った食事を摂りすぎていないか、しっかりと健康管理してあげることが大切です。

 

スポンサードリンク