スポンサード リンク

「消費期限」と「賞味期限」

食品の期限表示について、「消費期限」と「賞味期限」がありますが、どのように違うのでしょうか?

 

食育,子ども,消費期限,賞味期限

 

以前までは、食品の日付表示は「製造年月日」が使われていましたが、現在は「消費期限」か「賞味期限」の2種類に切り替わっています。

 

この両者の違いについて、はっきりと答えることのできる人は少ないように思います。「ほとんど意味は同じでしょ?」という回答も多いほどです。

 

簡単に言うと、それぞれの意味は次のようになります。

 

  • 消費期限・・・今すぐ、もしくはできるだけ早く食べたほうがよい
  • 賞味期限・・・期間内はおいしく食べることができる

 

消費期限は、お弁当やお惣菜、生菓子、食肉など、製造加工日からおおむね5日以内に消費したほうがいい傷みやすい食べものが対象です。安全に食べることができる期限を示しています。

 

消費期限の食べものは、牛乳のように期限を過ぎると腐ってしまう可能性があるので、期限後は食べないほうがいいでしょう。

 

一方の賞味期限は、缶詰やレトルト食品、スナック菓子、冷凍食品など、製造加工日からおおむね6日以上の日持ちする食べものに表示されています。安全性や味などの品質を保証する期限を示しています。

 

冷凍・冷蔵・常温などの記載されている方法で保存しておけば、期間内はおいしく食べられることが保証されています。品質が低下するのがゆっくりなので、賞味期限を過ぎてもまだ食べられる場合も多いです。

 

いずれの場合も未開封であることが条件です。

 

スポンサードリンク