スポンサード リンク

臨床栄養学

科目について

 

患者さんの栄養管理法や食事療法,非経口栄養法などについて研究されている科目です。管理栄養士として、さまざまな疾病について理解し、栄養管理を学習していきましょう。

 

出題傾向

 

基本的に各疾患ともまんべんなく出題されていますが、とくに代謝性疾患、消化器疾患についてはよく出題されています。各疾患の特徴はもちろん、傷病者の状態に合わせた栄養管理を提案するための、栄養ケアプラン、栄養アセスメントなどを理解しておきましょう。

 

学習のポイント

 

臨床検査の基準値は覚えておく必要があります。臨床検査基準値一覧 - 国立がん研究センターなどで覚えましょう。疾病別の最新のガイドラインのチェックも重要です。よく変更されているので、常に新しい情報を仕入れておかなければなりません。

 

スポンサードリンク

問題例

【問題】

 

合併症のない2型糖尿病患者の食事療法に関する記述である。正しいのはどれか。

 

  1. 夕食から摂取するエネルギー割合を多くする。
  2. 食物繊維の摂取量を制限する。
  3. 摂取する食品の種類を多くする。
  4. 炭水化物のエネルギー比率を30%にする。
  5. インスリン治療中は食事回数を減らす。

 

【解答】

 

正解 3

 

  1. × 朝食、昼食、夕食には、ほぼ等しいエネルギー量を摂取する。
  2. × 食物繊維、とくに水溶性食物繊維は血糖の上昇を抑制するため、摂取したほうがよい。
  3. ○ 食品の種類が少なくなると、不足する栄養素が多くなる。
  4. × 三大栄養素のエネルギー配分は、炭水化物55〜60%、たんぱく質12〜15%、脂質20〜25%とする。
  5. × 規則正しい食事摂取をし、過食、欠食をしない。